Tacit Understanding.

皆様、春支度はお進みでしょうか?

今季は元号も変わるということで、心も身体も気持ちも新たに行きたいですね。

島国ニッポンはこれを機にグローバル化が進みそうです。

IMG_5764

閉鎖的な感覚から、現代の感度高いミレニアム世代、もしくはインフルエンサーらが世界に飛び出し、

凝り固まったモノを解してくれる気がします。

スーツも日本社会の風潮からすると、ビジネススーツはネイビーもしくはグレーが基本だったりします。

経済が不安定になればなるほど堅苦しく色も暗くなり、車の色も白や黒ばかりが行き交う。

あのバブル時代のカラフルなスーツはどこに行ったのでしょう。

人間の感覚なんてその時の気分次第ですよ。

経済が潤えば心にも余裕が出来る。

そうすることで本当はダメだと思っていることもついOKしてしまう。

 

だったらその計算式を逆から解いていこうではないか。

明るい服を着る → 心に余裕が出来る →   経済が安定する →   世の中ハッピー

 

だからネイビーやグレーに固執するではなく、たまにはベージュのスーツでも着てみる。

是非挑戦してください。きっと周りの変化を楽しめるはずです。

IMG_5767

 

ベージュ続きで大変恐縮ではありますが、英国ブランドのスウィングトップ入荷しております。

 

IMG_5784

【Corby’s】
1909年イングランド中東部のノーザンプトンにほど近い町、コービーで創業。
第一次世界大戦中、英国陸軍省から初めて”トレンチコート”と命名された、世界で初めてのコートの受注を受けた工場が”コービーズ”の源流。

今回ご紹介するのはハリントンジャケットのG9タイプです。

生地は”ブリスベン・モス”社を使用。
英国製コットン100%
※裏地はブラックウォッチ柄です。

IMG_5783

IMG_5785

IMG_5786

スウィングトップといえばマックイーンか高倉健ではないでしょうか。

BARACUTAが一番有名ではありますが、ここはあえてCorby’sからのG9を着て欲しいですね。

サイズは38(M)1点のみの入荷です。
価格¥38,000+tax

 

the-rake-harrington-01-1200x800

2019-03-25 | Posted in NEWSNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment