POLO COAT ORDER START.

アルスターコートは以前から展開しておりましたが、今期からポロコートのオーダー受注開始しました。

まずは「POLO COAT」って何? ですよね。

 

Varsity_Polo_2013

 

19世紀、イギリスで盛んだったポロ競技選手が休憩中に着用していたWAIT COATから始まり、アメリカ人がそのコートを着て観戦していた当時の英国貴族を見て、アメリカでポロコートと名づけたのがきっかけです。(ブルックスブラザーズが名付けたと言われている)

 

_DSC0003 (1)

 

 

 

 

_DSC0008 (1)

ポロコートの襟は「アルスターカラー」という衿の名称が付いてます。

やはり原点はアルスターコートなんですね。

_DSC0006 (1)

 

バックスタイルは、「インパーテッドプリーツ」いわゆるセンタープリーツではない、切れ目のないボックスプリーツになっています。防寒を考慮して冷たい風が入って来ない設定でしょう。

 

_DSC0007 (1)

こんな感じです。

切れ目がやや背中上の方まで来ています。

おそらくアクションプリーツの意味も兼ね揃えて、可動域が大きくなるように作られてます。

これにバックベルトが付いており、若干アジャスト出来るようになってます。

 

_DSC0005 (2)

 

そして特徴的な腰ポケット、「フレームドパッチ&フラップポケット別名ポストポケット仕様。

これでこそポロコート!って感じがします。

 

_DSC0004 (1)

袖仕様は、「ターンナップカフス」仕様。

 

ポロコートは元々野外観戦用として作られており、デティールはスポーティでチェスターコートなんかに比べるとかなり凝った作りしていますね。クラシックコートとしての位置付けで定着してますので、ビジネスシーンから少しカジュアルなシーンとしてご着用されてもいいかなと思います。

本来、ポロコートを仕立てる際の生地はキャメルヘアー(ラクダの毛)がド定番です。色も当時はこれが普通だったと思います。

なかなか手に入りにくい素材ですので、せめてキャメルカラーのウールもしくはカシミアでお作り頂くことをお勧めします。

※ポロコート ¥10,8000から

 

polocrowd

この時代の帽子着用率はほぼ100%なのでアーカイブ見ても驚くことはなんですが、それよりもどんな帽子の種類が多いかなーと目を凝らしてるとやはりボーラーハット(山高帽)率高いですね!フェドラとキャスケットもちらほらいますが、さらによーく見ると冬なのにカンカン帽います笑

そう言えば映画でもオードリーヘプバーンと共演してたフレッドアステアも冬にカンカン帽だったような・・・

 

 

 

 

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

BELGRAVIA & SONS(ベルグラヴィア&サンズ)

〒814-0153

福岡市城南区樋井川3丁目17-10

■HP   ■FACEBOOK ■instagram    ■MAIL 

■TEL 092-403-1256

■営業時間 AM10:00~PM7:00 ■定休日 毎週火曜日・第2,4水曜日

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

2018-10-22 | Posted in POLO COAT ORDERNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment