dsc_01211

[Signet Ring]  シグネットリングとは

その原型は、「シグネットリング」(=インタリオリング)という

ヨーロッパ貴族が各々の紋章をリング上部に彫刻した大型リングといわれる。

ヨーロッパにおける紋章で家柄を表すものは厳密な規則に従って作成され、

分家や縁組などでそのバリエーションが生まれていく為、自らの出自を表すものとして一人ひとり別々のデザインで作られた。

封蝋(シーリングスタンプ)に用いられ、リング上部の紋章を押し付け、

「この手紙は間違いなく自分が書いて、封をした」

証し(signet)とされた。日本では、この形状の指輪は「印台リング」と言われているが、

本来の目的・用途では理解されておらず、「指輪の形の一種」として普及している。

10278

イギリスのオックスフォード大学などの卒業生が「秀才の証し」として卒業の記念に作っている。

英国でのカレッジリングは、9ct Gold(9金)が最も好まれている。

それは、英国連邦内の王室のジュエリー・調度品・食器カトラリー類に9Kが使用されている為、

王室ご用達の「British Gold」(通称)として親しまれている為である。

尚、class ringのclassは「階級」であり、この場合は卒業した学校・資格(学位・国家資格等)・所属団体・コンテスト優勝の名誉等を指し、正確にはclassification(階級・格付け)ring と言う。

つまり、栄誉や記念、あるグループに所属する「それを身に着けるに値する者のみ」のプライドを表現するものである。

その発展形が、北米4大プロスポーツリーグの優勝記念品のチャンピオンリングでもある。

DSC_0027

1つ1つ手作りで製作をするこのリングは

ジュエリー職人と当社のアイディアが十二分に詰まった

格式あるシグネットリングです。

大切な方への贈り物、ご自身の記念として、

語り継がれる一生ものとしての価値がシグネットリングには御座います。

LONDON, ENGLAND - DECEMBER 11: (Getty Images provides access to this publicly distributed image for editorial use only and is not the copyright owner. No Sales - No Commercial Use) (EDITORS NOTE: THE PRINCE OF WALES WOULD BE GRATEFUL IF PUBLICATIONS WHO USE THE CARD/PHOTOGRAPH CONSIDER MAKING A DONATION TO 'AID TO THE CHURCH IN NEED.') In this handout image released on December 13, 2014 by Clarence House, shows the personal Christmas card produced for Camilla, Duchess of Cornwall and Prince Charles, Prince of Wales, featuring them in a photograph by Christopher Jackson of Getty Images with the couple laughing during the Invictus Games Opening Ceremony on September 10, 2014 hangs on a Christmas tree on December 11, 2014 in London, England. (Photo by John Stillwell - WPA Pool/ via Getty Images)

Camilla, Duchess of Cornwall and Prince Charles, Prince of Wales,


デザインは3タイプ。

まずはお好きな形をお選び下さい。

シグネットリング3タイプ

当店にてイニシャルデザインの打ち合わせを致します。

( イラストレーターにてその場でデザイン案を作成します )

シグネットリング考案1

%e3%82%b7%e3%82%b0%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e8%80%83%e6%a1%882

DSC_0003

名称未設定-4

DSC_0019

↑丸型

オーバル型

↑オーバル型(ツヤなし)

DSC_0045

↑丸四角型(ツヤなし)


[ PRICE ]

 

——-  SILVER 950  ——-

プレーン(文字無し)  ¥21,000

1文字のみ ¥26,000

2~3文字 ¥30,000

——- 9K Gold 「British Gold」——-

プレーン(文字無し)  ¥60,000

1文字のみ ¥65,000

2~3文字 ¥69,000

——- 10K Gold ——-

プレーン(文字無し)  ¥67,000

1文字のみ ¥72,000

2~3文字 ¥76,000

——- 14K Gold ——-

プレーン(文字無し)  ¥110,000

1文字のみ ¥115,000

2~3文字 ¥119,000

——- 18K Gold ——-

プレーン(文字無し)  ¥144,ooo

1文字のみ ¥149,000

2~3文字 ¥153,000

※全て税抜き価格


製作期間は約1ヶ月程

※ご着用予定のある方は、予め余裕を持ってご来店下さい(1ヶ月半〜2ヶ月前をお勧めします)


リングサイズは0.5号単位で製作が可能です

また、製作後のアフターケアとしてリングサイズの調整もOK

[ 仕上がり後のサイズ直し 料金 ]

サイズ大きく ¥3,500     プラス1号につき¥4,200 (18Kの場合)

サイズ小さく ¥3,500


磨きなおし ¥1,700

※キズを消し、元通りに仕上げます。(深さによっては消しきれないものもございます)

※全て税抜き価格


dsc_0270-1

内側に刻印もお入れ出来ます。

※最大20文字まで

 例) TARO  YAMADA   / TARO & HANAKO   /    2016,12,19  / T to H   /   H to T    /  etc…


ご来店が困難なお客様に関しましては、メールオーダーも受け付けております。

※ PayPayでのQRコード決済も可能となっております。(一時休止中)

詳しくは、 info@belgravia1961.com までお問い合わせください。