【ORIGINAL】ORDER MADE “M45 Chino Trousers”

某ミリタリーブランドのように、忠実に再現とまではいきませんが、

出来るだけ近いディテールでオーダーで出来ないかと試行錯誤しました。

チノパンの歴史も色々探り、一番近いモデルとしてはM45ですね。

M41.43と続く中で、最もトラウザースらしいデザインで且つオマージュのし易さでM45に致しました。

これはあくまでもオマージュです。某○EAL McCOY’Sさんや、某B○ZZ RICKSON’Sさん程の非常に精巧な忠実再現では御座いません。

私もそこまでの忠実は求めてはおらず、テーラーとして出来る範囲で再現しました。

当店らしい、「M45 Chino Trousers」の完成です。

 

 

ac5be1966ca0b3649ea7b3e3f66284cc

 

まず、各ブランド共に一番に感じる箇所と言いますか、サイジングと言いましょうか。

流行もあるかと思いますが、大前提に「股上が浅すぎる」です。

これだとテーラードとしてもそうですが、トラウザースのクラシカルな表情が出ません。

すっきりとしたパンツで股上が深いと少々ブサイクに見えるのは分かります。

上記の写真のように、ややゆとりのあるスラックス、パンツにおいて股上が深くなるのは正解でしょう。

 

8fda8276ba9ecf006620a6dc064379a3

 

当店オリジナル仕様は股上深いです。その深さが着用した時に心地良いんですね。

シルエットはスコンと構築された落ちるようなストレートライン。

極端な曲線を嫌がります。基本はボックス型が望ましいですね。

勿論ですが、決して腰で履くようなことはないように。

 

0D11680C-99B6-4F3F-A9B4-332E9502306E-40144-000027914EDE3525のコピー

1B5670DB-C3A7-455D-B21A-380554F2D06F-40144-000027914949F12E

1926F650-8F1D-43D0-B4A2-FFFA0B0273C6-40144-00002791578F4FE1

 

特徴としましては、

・フロント 片玉ウォッチポケット

・復刻新品 尿素ボタン使用

・フロント ボタンフライ仕様

・シングルステッチ

・ウェスト帯無仕様

こちら写真の素材は、英国 ブリスベンモス社 420gm コットンギャバ(正綾)

オーダープライス ¥29,000〜 (税別)

C068A097-3F4C-40DE-BAC3-BD2ED8122CE1

 

”チノパン”と言えばアメリカのイメージですが、元を辿ると実は英国が始まりだったりします。

詳しくは世界の大辞典 google にて検索して下さいね笑

 

上記の写真の色ですが、何色に見えますか??

日本人だとカーキやグリーンと呼びますね。

正式には、「オリーブ・ドラブ」 

そして、ベージュ色のことを「カーキ」と呼びます。

そしてそして、チノパンにカーキ色が多いのは何故でしょう?合わせやすから?量産しやすいから?

これ実は、全てミリタリーが中心となったお話になりますが、

詳しくは世界の大辞典 googleさん で検索して下さいね笑

 

もちろんスーツも好きですが、こうしたミリタリーやアメカジの歴史も好き(個人的な私服は基本アメカジですが)です。

これからはスーツと並行してカジュアルラインは1920~40年代のアメリカンカジュアルのご提案させて頂きます。

イギリスとアメリカは切っても切り離せない歴史と文化がありますね。

 

macarthur_and_sutherland-tokyo-trials-us-natinal-archives.jpg__2000x1317_q85_crop_subsampling-2_upscale

 

 

Douglas MacArthur スーツの着こなしが秀逸ですね。

 

 

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

BELGRAVIA & SONS(ベルグラヴィア&サンズ)

〒814-0153

福岡市城南区樋井川3丁目17-10

■営業時間 AM10:00~PM7:00

■定休日 毎週火曜日・第2,4水曜日

■TEL 092-403-1256  (要予約)

HP  /MAIL  /LINE/  FACEBOOK  / instagram 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

福岡 オーダースーツ  オーダーシグネットリング   専門店

2020-11-06 | Posted in NEWSNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment